FC2ブログ

【展望】神戸新聞杯とオールカマー

お疲れ様です。
カッツン。です。
展望になります。
いよいよ本格的に秋競馬始まった感じです!
楽しみですね!

①神戸新聞杯
根幹距離で争うクラシック最後のトライアル。
非根幹距離のセントライト記念と違いトップホースが出走する厳しい流れのレース。
根幹距離での活躍が目立つ種牡馬を狙うのがポイント。
またダービー馬が出走してきたら逆らえない。
今年はワグネリアンの参戦があるのでコレで堅いか。血統もディープインパクト×キングカメハメハで両方ともダービー馬で神戸新聞杯勝利馬。逆らえない・・・。
2番人気はエポカドーロか。
こちらはオルフェーブル産駒。こちらもダービー馬で神戸新聞杯勝利馬。
先週の阪神馬場は先行有利な馬場っぽかったので傾向が変わらなかったら、先行できる脚を持つ同馬はワグネリアンに付け入る余地があるもしれない。週末天候悪そうだし。
この2頭でしようがないか。
強いて言えばワグネリアンは福永Jがケガで乗れない事(無事に復帰を祈ってます)。
万が一、2頭両方は無いにしても飛ぶとしたら、別路線から来るとしたら過去傾向から前走1着馬のみ。条件戦でも可だが、今年はメイショウテッコン(福島ラジオNIIKEI賞1着)しかいない。追切は??。
だとしたらやはりダービー参戦馬からか。ダービーは前残り馬場だったので差し追い込みあたりに希望がありそうだが、前述したとおり先週の先行有利傾向?の継続や週末雨の場合は、先行有利か。
だとすると結局、エポカドーロ?もちろん前に行けるメイショウテッコンも候補になるが。
どうなるか?





②オールカマー
中山2200mで非根幹距離の古馬G2。先週のセントライト記念と同じ舞台。
この非根幹距離G2を勝てれば古馬G1馬への扉が開くように思える。
だが、そこまでのレベル高い馬の参戦は過去少ない。
今年は様相が違う。
キタサンブラック引退の今、次の王道古馬G1の覇権争いが勃発している中、かなりの数の覇権候補馬がいるが(Sリチャード、Sダイヤモンド、レイデオロ、マカヒキ、Sクラウン、シュバルグラン、サングレーサー、アルアイン、ミッキーロケット、ダンビュライト、ヴィブロス、ソウルスターリング?、ワグネリアン?、ダノンプレミアム、アーモンドアイなど。天皇賞秋路線、JC路線ごちゃまぜ。G1馬13頭?!)、
そのせいか、今年のオールカマーは将来の競馬界を担う馬の去年ダービー馬レイデオロだけでなく同じ4歳皐月賞馬アルアインとダンビュライトが参戦。
去年のクラシックを賑わせただけでなく、ダービー馬や皐月賞馬が参戦するなど珍しい。
そこまで見るとレベル高そうだが他の参戦馬はそれほどでもない。
やはり4歳メインか。
血統的にはレイデオロ。鞍上もルメール。1番人気はゆるぎないだろう。懸念材料と言えばドバイ帰り。ドバイ帰りはこぞって不振に陥りがちなので心配。
アルアインも香港帰りでどうか。距離的にドバイよりマシだが。
ダンビュライトは前走、宝塚記念5着。だがその前が香港。宝塚記念5着で終わったのが香港帰りで調子落ちであれば休養明けで調子が戻っているか?
ただ宝塚記念は5人気だったので5着でも調子落ちはなかったと評価もできる。
つまり予想人気3馬人気までの馬全てに付け入る余地がある。
そして、馬場だが
先週は先行有利の馬場だったが、今週はB→Cコース。
馬場の見極めは必要。
穴馬で言うとナカヤマフェスタ産駒の中山得意のガンコが面白いかな?前に行けるし。同産駒はセントライト記念勝ち馬だが・・・



それでは。



スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示