FC2ブログ

【展望】ローズSとセントライト記念 軸馬候補

お疲れ様です。
カッツン。です。
ローズSも始まると秋競馬も始まり、秋なんだなぁとしみじみ感じます。
つい最近まで酷暑でまいってたのが嘘のようです。
さて今年はどうでしょうか。

◆ローズS
オークス1着馬など格上が1番人気で参戦したら逆らえない。妥当な馬の参戦がない場合、前走が例え500万上でも1着馬なら次に来る可能性高い。
オークス1着馬1番人気などの堅めの馬でも相手関係でヒモ荒れも有り得るので見極めが大事。
今年はアーモンドアイが秋華賞直行。次のラッキーライラックも秋華賞直行。リリーノーブルがケガで秋以降白紙で春のベスト3が参戦しないので荒れる可能性もあるが、サトノワルキューレがMデムーロで参戦。陣営的にはここで実績は確実に作りに行くので馬場や枠などでよっぽどのことがない限り1番人気好走は堅いか。
他の参戦馬もレベルはそんなに高いカンジがしないので余計に。
しかしサトノワルキューレ入れてもレベルが低い感は拭えない。
理由だが
今年のクラシック路線はディープ産駒の活躍が少ないだけでなく参戦馬からして少ない。
つまり弱いだからなのだが、このローズSは15頭中10頭と多い。
上がり馬もいることを考慮しても多く、いつものローズSっぽい。これは単に今年のローズS参戦馬は弱くレベルが低いということ。
それを考えると今年の本番秋華賞はローズS勝ち馬はアーモンドアイ、ラッキーライラックに勝てないのか。
陣営も秋華賞白旗までは行かなくても厳しいと感じるはず。
つまりこのローズSはかなりの決め打ちで必勝参戦する馬は多いと思う。
サトノワルキューレ、カンタービレはオークス経由で外人Jのかなりの人気馬になりそうだが入り込む余地はありそう。
この2頭はノーザンじゃないしね。
荒れる気配満々。

展望動画


わからなかったら「カッツン。」で検索してね!



◆セントライト記念
ダービー参戦馬が実績良い。
ダービー馬などは神戸新聞杯から菊花賞、天皇賞か直行ローテが主でセントライト記念ローテはまずない。
ダービーを負けてもA級だと認められる馬も同様でセントライト記念ローテはほぼない。従ってセントライト記念はレベルは少し落ちる結果になってしまう。
なのでダービー2桁着順でも連に絡む傾向もあり荒れる年もあるが、過去4年中3回は1人気2人気で堅い傾向。
去年一昨年は1~3着まで1~3人気で占めた。
ダービー以外なら500万下でも絡む場合あるが、条件戦絡む場合は1着か当日の人気かで決まる傾向。
他のPOINTとしては前述のとおりレベルはそんなに高くなく、ここで勝っても菊花賞で勝ったのは過去10年でキタサンブラックのみ。その後のスーパーホースっぷりはご存知のとおり、なので別格。
全体的にはG1では足りずG2どまりが多い。
つまりG1勝てずG2どまりっぽい馬を狙うかな。
今年はどうか。

今年はダービー参戦馬が5頭。上がり馬の方が多い。
上がり馬では前評判高いレイエンダ。ルメール鞍上で狙ってくるだろう。まず1人気は揺るがない。
他で人気になるのはいなさそうだ。追切りも抜群。
ただしセントライト記念は中山2200Mという非根幹距離。
ペースはゆるく温いレースになりやすい。G1活躍できる馬は締まったレースになりやすい根幹距離が一番走りやすい。レイエンダとは真逆なレース性格だと思うのでそこがどうか。付け込むとしたらソコ。能力だけで突っ切りそうなかんじだが・・。
レイエンダが付け込まれたとしたら、ダービー参戦馬では3着のコズミックフォース、惨敗だがジェネラーレウーノ、グレイル。上がり馬でタニノフランケルか。
グレイルの場合、今年のダービーは前残りで差しが届かず終わった(グレイルは骨折)。この馬もレイエンダ同様、真逆のレースなのがどうか。だが追切は良かった。
コズミックフォース、ジェネラーウーノは向きそう。ジェネラーウーノは追切抜群だった。
タニノフランケルも脚質合いそう。この馬も追切抜群。

展望動画


わからなかったら「カッツン。」で検索してね!
 
中央競馬ランキング

それでは!




スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示